忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/25 07:45 】 |
動脈硬化が悪化すれば
動脈硬化は重い病気、そして死に至る病気。

動脈硬化が軽いうちに、治していかないと大変な病気の引き金にもなる。

ですので、生活習慣を見なさないといけないと思います。

では、動脈硬化が悪化するとどんな病気があるのかについて説明します。

動脈硬化とは、動脈が狭くなったり血管が硬くなったりして、
血液の流れが悪くなっている状態のことをいいます。

動脈硬化は、全身の血管で起こります。

動脈硬化が悪化すると、
動脈硬化が起こる部位によって様々な病気を引き起こすリスクを高くしてしまいます。

動脈硬化はサイレントキラーと呼ばれているほど、
自覚症状が表れにくい病気です。気がついた時には、
症状がかなり進行していることもあるので、定期的に検査をすることをおすすめします。

動脈硬化が悪化することで起こりうる可能性のある病気で、代表的なのが心疾患です。

狭心症や心筋梗塞などの心臓疾患は、
心臓に血液を送る血管が動脈硬化を起こして狭くなり、
酸素や栄養分が心臓に十分に運ばれなくなるために起こる病気です。

脳出血や脳梗塞などの脳卒中も、
動脈硬化が原因となって引き起こされると考えられています。

脳卒中は、脳の血管で動脈硬化が起こり、
血管が破れて出血したり、血管が詰まって血液の流れが止まってしまう非常に死亡率の高い病気です。

また、動脈硬化が悪化すると、
腎臓の機能が低下してしまう腎不全などの病気のリスクも高まります。

腎臓は、体内の老廃物を尿として排出する、
人の生命活動を維持させる大切な役割を持っています。

腎臓に酸素や栄養を運ぶ血管に動脈硬化が起こってしまうと、
腎機能が低下して正常に機能しなくなってしまうのです。

すると、毒素や老廃物が排出できすに蓄積されて、
からだに障害をもたらす腎不全を引き起こしてしまうでしょう。
PR
【2011/10/16 05:11 】 | 動脈硬化が悪化 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<動脈硬化の症状とは | ホーム | 動脈硬化と高血圧>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>