忍者ブログ
  • 2020.01
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 2020.03
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/02/27 04:41 】 |
繁華街へ出ると目のやりどころに
繁華街へ出ると、目のやりどころに困ることがある。
それは・・・。

繁華街でも若い女性の多いところもあれば
40代、50代以上の男性が多いところもあります。
そして、おばちゃんばっかりの所ももちろんあります。

目のやりどころが困るのが
派手なファッションに出くわすときです。
見ていいのやら、見て悪いのやら。
じっと見ていたらダメだし、でも見ないと気の毒のような気もするのです。

繁華街へ車で行くと大変。
よそ見をしたくないけれど、してしまうのです。
もう少しで、事故に遭いそうにもなります。
事故に遭ったら大変なので、
最近は車では行かないようにしている。

電車などで行くようにしています。
かえってその方が気持ちが落ち着きますし、
お酒も堂々と飲めるのでそのようにしています。

トルメラン デリケートゾーン 石けん
PR
【2019/10/03 17:50 】 | 女性
あの人、え?40代
10代の時は20代の女性が大人に見えた。
20代の時は30代の女性が大人に見えた。
30代の時、40代の女性は色気があるなあと。
でも、50代になって40代の女性を見ると人によってではあるが、可愛く見える。
40代と思って可愛いなあと思っていたら、実はその女性50代だった。

人の見方は各年代で変わってくる。
私から見る50代の女性でもかわいく見える時がある。
人間って自分の年齢で見え方が変わってくるのだなあとしみじみと思う。

美容整形で若く見せるというもありますが、
女性はいくつになっても美しさを求めるのだなあと。
まだ日本ではそんなに美容整形に行く人は多くないと思いますが、
お隣の韓国では、美容整形が一般化していると聞きます。

飛行機代を使っても韓国での美容整形の費用の方が安いらしい。
が、とんでもないところもあるので、注意が必要です。
そのことを考えると、日本での施術の方が安心なのかなあ。
【2019/10/03 17:49 】 | 女性
医師は勤務医時代のことを振り返って
ある透析センターを開院された医師は勤務医時代のことを振り返って、当時上の人からのプレッシャーが大変だったことを話してくれました。上下関係がかなり厳しいそうです。医師が周囲からもてはやらされるのも40代までだそうです。ですので50代になっても勤務医として働いていると周囲からは良く思われず、選択肢はただ2つ大学の教授になるのか自院を設立するのかのどちらなのだそうです。教授になるにはかなり厳しく、教授になるのが無理という人は、突発的で破れかぶれに細かい計画を立てずに開業するというパターンが多いですが、そうして開業した人は皆四苦八苦弑されているのだそうです。医師は転職で豊かになる

ですので医師は大変な仕事ですが、人生計画をきちんと立てないと仕事柄、周囲からも良く思われません。開業前の準備期間、アルバイト医師として勤務していたという人が多く、医師の中には自己資金0円で開業することができたという人もいます。昔は銀行からの借金は容易だったそうですが、今では様々な審査があり借金するのにもかなり厳しいようです。事業計画書を作成し、医療関係会計の専門家による面接もあるそうです。確かにこれくらい厳しくする必要もありますね。最近クリニック経営は、倒産している医院が多いからです。

【2016/12/23 14:56 】 | 医師
| ホーム | 次ページ>>